認知症を防ぐための生活習慣改善

認知症の予防として普段の生活習慣が大事と聞いたことがあります。
食生活として野菜や果物を多く摂取することや魚をよく食べること良いと聞きました。
また食事の際に、咀嚼する回数を増やす事で脳に刺激が行くため良いらしいです。
食生活以外だと運動を定期的にすると良いそうです。
ウォーキングや水泳などの有酸素運動が効果的で一回30分程度を週三回くらいのペースで行うのが良いとされています。
その他には人と喋る習慣や読書の習慣と言った知的行動習慣を意識することも大切です。
日本語と英語を話すバイリンガルの人は普通の人よりも認知症になりにくいという話も聞いたことがあります。
身体を動かすことも頭を使うこともそれぞれ脳に良い刺激を与えるため、認知症になりにくいのではないかと考えています。
特に定年を迎えた方だと、仕事もしなくなり人と話す機会や何か頭を使う作業が圧倒的に少なくなるため、認知症が進みやすいと思います。
認知症の予防は若いうちから習慣の一つとして取り入れていくことが重要だと思います。よく読まれてるサイト>>>>>認知症予防サプリメント