認知症を防ぐための生活習慣改善

認知症の予防として普段の生活習慣が大事と聞いたことがあります。
食生活として野菜や果物を多く摂取することや魚をよく食べること良いと聞きました。
また食事の際に、咀嚼する回数を増やす事で脳に刺激が行くため良いらしいです。
食生活以外だと運動を定期的にすると良いそうです。
ウォーキングや水泳などの有酸素運動が効果的で一回30分程度を週三回くらいのペースで行うのが良いとされています。
その他には人と喋る習慣や読書の習慣と言った知的行動習慣を意識することも大切です。
日本語と英語を話すバイリンガルの人は普通の人よりも認知症になりにくいという話も聞いたことがあります。
身体を動かすことも頭を使うこともそれぞれ脳に良い刺激を与えるため、認知症になりにくいのではないかと考えています。
特に定年を迎えた方だと、仕事もしなくなり人と話す機会や何か頭を使う作業が圧倒的に少なくなるため、認知症が進みやすいと思います。
認知症の予防は若いうちから習慣の一つとして取り入れていくことが重要だと思います。よく読まれてるサイト>>>>>認知症予防サプリメント

母乳を通じた母体と赤ちゃんの関係

授乳は母体から赤ちゃんへ直接母乳を与える行為であるため、母体の健康状態、つまり母親が普段どのような生活をしてるかによって、それが赤ちゃんへ与える影響も左右される。通常、出産直後には体力回復も含めて健康な生活を送っている女性も、普段の生活に戻ると、子育てに追われるということもあり、なかなか自らの健康に留意し続けるということが難しくなりがちである。
例えば飲酒や喫煙などの習慣があると、母乳にも母体が吸収した成分が出て、赤ちゃんに悪い影響を与えるといわれる。母体の健康もさることながら、母乳によって栄養補給をする赤ちゃんの健康にも大きなダメージを与えかねないため、過度の飲酒や喫煙は避けるべきである。
dhaは魚等に含まれる栄養素の一つで、老化予防などに効果があると聞いたことがある。これも母乳を通じて赤ちゃんの体に取り込まれるのだろう。もちろん何事も摂取のし過ぎはよくないが、赤ちゃんのことを心から思うのであれば、母親は自らの生活を省みることが必要だと思う。参考にしたサイト⇒授乳中dhaサプリ